セイラー教授の行動経済学入門 [ リチャード・H.セイラー ]

セイラー教授の行動経済学入門 [ リチャード・H.セイラー ]
価格:1,944
販売元:楽天ブックス

リチャード・H.セイラー 篠原勝 ダイヤモンド社BKSCPN_【bookーfestivalーthr】 セイラー キョウジュ ノ コウドウ ケイザイガク ニュウモン セイラー,リチャード・H. シノハラ,マサル 発行年月:2007年10月 ページ数:308p サイズ:単行本 ISBN:9784478002636 セイラー,リチャード(Thaler,Richard H.) 株式市場の「リターン・リバーサル」など、大胆な市場分析で注目を集める米国の行動経済学者。現在はシカゴ大学経営大学院教授。また、同大学院の意思決定研究センター所長。1945年生まれ、67年にケース・ウェスタン・リザーブ大学にて学士号を、74年にロチェスター大学にてPh.D.をそれぞれ取得。シカゴ大学に移籍する前、コーネル大学で教鞭をとっていた 篠原勝(シノハラマサル) 1937ー2005。翻訳家。香川県生まれ。早稲田大学第一商学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 経済理論と「例外」ー合理的行動モデルはどこまで正しいか/協調戦略ー人はいつどんな理由から協力するようになるか/最終提案ゲームー「不公平なら断ってしまえ」という意思/産業間賃金格差ー同じ職種なのになぜ給料に差が出るのか/オークションー勝者は「敗者」となる呪いをかけられている/損失回避ー手放すものは得るものより価値がある/選好の逆転現象ー選好の順位付けはプロセスのなかで構築される/期間選択ー金利と割引率についての損得勘定/心理会計ー貯蓄と消費は人間的に行われる/ギャンブル市場ー競馬と宝クジにみる「市場の効率性と合理性」/株式予測(1)ー株式市場のカレンダー効果/株式世族(2)ー株価は平均値に回帰する/投資家感情仮説ークローズド・エンド型ファンドの不思議/外国為替市場ー金利差と為替レートの謎 伝統的な経済学が前提とする、「自己利益の最大化」のために「最も合理的な」選択をするという人間行動の原則は、現実を反映したものとはいえない。本書では、経済理論では説明のつかない身近な市場の矛盾や、例外とする経済現象にスポットを当て、心理学と融合した新しい経済学のアプローチを示す。 本 ビジネス・経済・就職 経済・財政 経済学



評判商品の検索

楽天 アマゾン ストアミックス 楽天トラベル

メインページへ

楽天ウェブサービスセンター